社長日記

2018.11.08
計画換気と気密の関係性に入る前に...

前回の終わりは...計画換気の実現のためには、徹底された「現場力」が大切になってきます...でした。

その「現場力」とはなんでしょうか???

計画換気の機種の問題じゃないの!?って思う方は多いかもしれませんが、機種に依る影響も少なからずありますが、もっとも大切なのは...「気密性能」です。

20181109.jpg

そして、その気密性能を高い水準で維持し、確保するのは「現場のヒト=主に大工さん・職人さん+現場監督の管理力」です。

機械でも、材料でも、大工さんだけでも、職人さんだけでもありません。

世界にひとつの家づくりに携わる家づくりチーム=ヒトのチカラがモノと合致しなければ「高い気密性能」は維持できませんし、大工さん、職人さんも誰でもいいわけではありません!

でも...気密性能って基準があるの???

...過去はありましたが、今は削除!?されました...

さかのぼること1999年に制定された「次世代省エネルギー基準」の時代には、気密性能(C値:相当隙間面積)は...明確な基準値がありました。

この時、北海道・東北とその他地域と区分は大きいものの初めて気密性の基準が導入された時代です。しかし、何故か2013年に改正された省エネルギー基準からは、削除(表現に誤りがありますが)されています...何故、断熱性能は大きく「義務化」や「性能の向上」として明確になったのに...

気密性能は削除されてしまったのか...不思議ですよね!?

今は「ざっくり」このような感じです...

断熱基準...2020年義務化(予定)

換気基準...既に設置が義務化(機能している、していないは別問題)

気密基準...削除!?(以前までは基準有り)

気密性能が無いと、換気(計画換気)が機能しないのに...涙

換気が義務で、気密が不明確は...時代に逆行している気が...今日は背景を知っていただき、疑問を持っていただいたところで、続きは次回...

ただこれだけは必ず暗記して下さいね!「計画換気をきちんと行うには、気密性能が重要」「気密性能をきちんと高めるには、現場力(大工さん・職人さん+管理力)が最も重要」

続きは...近日公開です

 

コメントする

  • TOP
  • 栄建の家づくり
  • 住まいのコンセプト
  • 住まいの構造と性能
  • Life Styleのご提案
  • 小さくても豊かな家
  • GREEN Housing
  • 体験宿泊
  • 制震システム
  • 長期優良住宅
  • 保証・アフターメンテナンス
  • 工務店が探す土地探し
  • 家づくりを学ぶ
  • 家づくりの流れ
  • 家づくり実例集
  • お客様の声
  • アクセス
  • カルチャースクール
  • メンテンナンス商品etc オンラインショッピング
  • 点検申込フォーム
  • 栄建フェイスブック公式ページ
  • 栄建スタッフの赤裸々ブログ!!! お客様の夢をカタチに!STAFF Blog
  • FPの家で暮らす社長日記
  • カタログお届けします

資料請求お問い合わせ